うつ病は悪化すると大変!事前にチェックして状態確認

うつ病のチェックポイント

医者

チェックすべき症状

うつ病にかかっているかどうかを精神科医師でない人でも比較的簡単にチェックする方法があります。一番顕著に現れるのが睡眠です。うつ病にかかると眠りが浅くなり、昼間に眠くなる場合が殆どです。次に意欲がなくなります。誰でも非常に強いストレスがかかると好きな物が出ても食べたくなくなったり、好きな趣味などをする気がしなくなる場合があります。うつ病ではなくうつ状態の場合でもそのようになりますが、ほとんどの場合1週間で回復していきます。しかし1週間以上そのような状況が続くと要チェックとなります。その場合にはうつ病を発病している可能性が非常に高いからです。また今まで出来ていた事が急に出来なくなる場合も要チェックです。今まで出来ていた事が出来なくなった場合には精神的にかなり強いストレスを受けている可能性が非常に高いです。それは強いストレスを受ける事で脳内の神経伝達物質の動きが非常に悪くなり、うつ病を発病している可能性が非常に高いからです。例えて言えば、パソコンなどの事務作業を完璧にこなしていた人が急にパソコンに触る事自体できなくなったり、人とのコミュニケーションが得意だった人が急に無口になったりした場合です。このような症状は人によって様々なので、変化があまり現れない人もいます。うつ病は身体面だけでなく身体面に現れる場合もあり、その代表例は胃潰瘍です。胃はストレスに弱くうつ病によって潰瘍ができます。また女性であればホルモンバランスを崩し、イライラしてしまうパターンもあり特にひどい時には月経の前に別人のようになってしまうパターンもあります。このような時には内科には行くけど原因が分からず、結局重篤なうつ病になってしまい最悪の場合自殺してしまう可能性も出てきます。その為、胃潰瘍などの潰瘍を何回も起こしている人や月経前に別人のようになってしまう女性も要チェックです。うつ病にはこのような症状が出てきますが、一つだけ現れる人もいれば何個も現れる人もおり、症状の出方は千差万別です。また同じ症状でも精神的なストレスの感じ方も千差万別と言えます。そのためきちんとした診断をしてもらいたいのであれば、精神保健福祉士・精神科専門の看護師・作業療法士が常に常駐しているような大規模な単科の精神科病院に行き、精神保健福祉指定医という公的な資格を所持している精神科医師に症状をチェックしてもらう事が、きちんとした診断をしてもらい、早期に回復するための一番大切なポイントとなります。

Back to Top