うつ病は悪化すると大変!事前にチェックして状態確認

気になるうつ病のチェック

カウンセリング

うつ病は、誰でもなってしまう可能性がある病気です。少しでも変だなと思ったら、うつ病のチェックを自分でしてみて当てはまる項目がある場合は、一度病院に行くのもよいでしょう。

Read More

うつ病チェックをすべき時

看護師

こういう時にはうつ病チェック

うつ病は現代社会では誰にでもリスクが有ると言えます。今まではバリバリ仕事をしていても、昇進や配置転換を期に発症することもあります。会社でストレスを溜める男性だけではなく、女性の場合でも家庭の事情や環境の変化で罹患するケースは少なくは有りません。生活環境が変わった場合や人間関係が変わった場合、そして怪我や病気をした場合など、うつ病になる原因は多彩なものが挙げられます。これら一つ一つでは耐えられても、幾つかの要素が重なったりした場合では発症リスクは増します。元々から神経質であったり几帳面な時には、なおさらリスクは低くありません。うつ病は自身では気づかないような症状から始まり、気づいた頃には仕事に行けなかったり、家事もできずに寝たきりに成るケースもあります。できるだけ早い段階で治療を始めたほうが、生活環境を大きく変えずに回復を目指せるので、おかしいと感じることがあれば、早めにチェックしていきましょう。うつ病初期では、自身で罹患を疑うような要素が見当たらないことは少なくはありません。初期の段階では、ベッドから起き上がれなくなったり、突然しゃがみこんでしまうようなことも余りないでしょう。どちらかと言うと、初期の場合には細やかな点からうつ病の傾向がで始めるので、なんとなく起こっている変化に目を向けることも大切です。もしも今、何らかの変化が起こっていればチェックしておきたいものです。この病気に罹患し始めた時の変化では、集中力の欠如と記憶力の低下、そして楽しいと思える感覚の減衰などがあります。仕事でミスが増えたり、家事が億劫になったり、今まで大好きだった趣味に興味が薄れていると感じるようでしたら、危険性が考えられます。やる気が無くなったり作業精度が低下したりするのは、割りと多い症状です。肉体面でも変化が現れることは多く、なんとなく体調不良が続くことは多いです。病院に行くほどではないけれど、気がつけば何時も不調という時には要注意でしょう。他にも、味覚が変わってしまったり嗅覚が鋭くなることがあります。不眠や自責感もよく出る症状ですが、これらは悪循環に陥りやすいので気をつけましょう。つまり、例えばミスをして自責感からストレスになり、心配で眠れなくなったりします。その強い自責感の影響や不眠の疲れで、余計にミスを繰り返してしまいやすくなるわけです。この他にもうつ病の初期症状はありますし、人によっては全然現れない場合もあります。今現在心配な場合もそうではない場合も、メンタル面のコンディション確認として、うつ病の傾向が見られるかどうかチェックしてみると良いでしょう。

うつ病のチェックポイント

医者

うつ病にはチェックすべき症状がいくつかあり、単発で出る場合とそうでない場合があります。どちらにしてもきちんとした病院で公的な資格を所持した医師に診察してもらう事が大切です。

Read More

うつ病は頼れる心療内科へ

女性

うつ病の診断と治療を行ってもらえる心療内科は、患者にとってたいへん心強い存在です。良い心療内科かどうかをチェックするためには、利用者の口コミの評判を参考にすると良いでしょう。また実際に診察に訪れて医師との相性が良いかどうかも要チェックです。

Read More

うつ病のチェック方法

病院

うつ病にはいくつかの特徴的な症状があります。うつ病かどうか判定するため、精神科医や臨床心理士は様々な精神症状や行動傾向をチェックしています。これらの症状が多く出現しているとその可能性は高く、専門医を受診した方がいいでしょう。

Read More

Back to Top